スポンサーリンク

なんだか、思うてたんと違うー…

またまたお久しぶりとなり、スミマセン。
ブログを更新しないまま年が明けてしまいました(汗)

年末年始、皆さんはどのように過ごされましたか?

オバチャンは闇堕ちしていましたよ。
この年末年始の闇堕ちの話はまた綴りたいと思います。
さてさて。
前回の話までのおさらいです↓ 
夫の浮気発見後、夫に言うべきか迷いに迷っていたオバチャン。
結局、言わずにはいられなかったオバチャンは、夫に置手紙を書いたのでした。

と、そこへ、何も知らない夫がノコノコと仕事から帰ってきた!

という所で終わっていました。

では、続きに行ってみましょう~♪



チキンな自分。夫の反応を知るのが怖い!!

ガチャ。

夫が帰ってきました。
玄関で靴を脱ぐ音。
カバンを床に置く音。
居間に入るドアの音。
…。
音が止まった。

あーあ、きっと今、私の置手紙を読んでいる…。

怖い怖い怖い怖い…!!

怖い怖い怖い怖い…

悪い事をしてるのは夫なのに!!なぜ私が怖がらないといけない?

だけど、怖いっっ!!!

平和だった日常が一気に崩れていく気がして、ただただ怖かったのです。

自分さえ我慢すれば、今までと何も変わらない日常を送れるじゃないか。

人間、時には我慢も必要?
でもこれは「必要な我慢」なのだろうか??
「我慢してはいけない我慢」なのだろうか??

今ならまだ置手紙を取り返せる…かも。

・・・とはいえ。
夫が他の女性とヤッテル姿を一部始終見てしまって、黙っていられるはずがありませんでした。

まさか今日が「浮気がバレてる記念日」になっているなんて、思いもしないだろうなー。

もういいや。もう、知らない。どうにでもなれ。

置手紙を読んで、夫がどういう行動&反応をするか、それ次第だ。

きっと何か反応があるだろう。

私は二階の寝室で息を潜め、夫の反応を待ちました。



え?まさかの既読スルー??

・・・あれあれあれー??

待てど暮らせど。

反応ナッシング。

はい?????お客様ぁぁ????どうなさいましたぁぁぁ???


しかも冷蔵庫開けて、何かドリンクを飲んでる音。

あのさー・・・。今、飲むかね??
水分補給の必要ある???

LINEじゃないけど、既読スルー??

もしかして。
無視しとけば、何もなかった事にできるとでも思っている???

キーーーーっっ、なめられてる!!
はらわた煮えくりかえってきたーーっっっ!!!

さっきのチキンぶりはどこへやら、今度は置手紙を無視されたという怒りで一気に戦闘モードに。

もしかして。
たかがオネーチャンと寝た位で、何をギャーギャー騒いでいるんだ…とでも思っている??

もしかして。
離婚したいから、浮気がバレて、むしろ好都合…だった??


あんな置手紙されたのなら。

普通は、慌てふためいて、嫁の所に弁解しに来るだろう。

弁解もしないの?
何の反応もないの?
私の事なんてどうでもいいの???

離婚したいから、わざとバレやすい所にヤッテル動画を保管していたのかも…。

色んな思いが一気に駆け巡る中、一向に何の反応もない夫にイライラして、私は怒り狂いながら、居間に向かったのでした。

え?そこ??

タタタタターーーーっっ!!!!(階段降りる音)
ガラガラガラーーー!!!(ドア開ける音)

夫は換気扇の下でタバコを吸っていました。


なーにーをーーー!!!

一服しとんねん!!!


何も言ってこない夫。

しびれを切らす私。

私:「手紙、読んだ?」

この後、夫から発せられた言葉は、信じられないものでした。


夫:「他人のパソコンを勝手に見たらダメなんだよ?」


夫が「スーン」としすぎていて、なぜか複数人の幻覚が見えました…。


はぁ。

まー、そーっスけど…。

言ってる事はおかしくないっスけど…。


その前に。

その前にお前!!!
なんか言う事あんだろーーーーっっっ!!!!

頭の中、どないなってんねん!!!!

この期に及んで、自分の個人情報を侵害された事が一番なんかいーっっっ!!!

イッラーっっっ!!!

「ごめんなさい」は出て来んのかーいっっっ!!!

え??まさか??
まずは私が謝らないといけないの???パソコン勝手に見てごめんなさいって??

えぇ、確かに、他人のパソコンを勝手に見るのはダメな事ですよ。

けど、けどな。

パソコンの電源を切らずにつけっぱなしにして、見て下さいと言わんばかりにしてたの、お前とちゃうんかい!!!

「ごめんなさい」は??
「ごめんなさい」はどこへ行った??
「ごめんなさい」が行方不明なんですけど。

悪い事したら謝るよね?親からそう教えてもらってない??

すぐに、「ごめんなさい、許して下さい」という言葉が出てきて当たり前だと思っていた私。

結局この時、夫から「ごめんなさい」という言葉は出てこなかったのです。

怒りわめくオバチャン、責任転嫁する悲劇のヒロインオジサン

「ごめんなさい」の「ご」の字すら出てこない夫。

てめぇ、いい加減にしろよーーーーっっっ!!!

私:「パソコンつけっぱなしにしてたから、見られても仕方ないだろ??ていうか、すごい事してるじゃん、自分??何をしてるの??離婚したいの??手紙読んでどう思った??」

夫:「他人のパソコンを勝手に見るから、そういう事になるんだよ。」

はぁ?
私、なんか耳おかしいかも。

わー、ビックリした。ナンデスカ??
めちゃくちゃスーンっとしてる。他人事???

「夫がヤッテル動画」を勝手に見た私が悪いってか???

私が他人のパソコンを勝手に見たという罪を議題にしようとしている夫。

なんか違うことないですか??

私:「そんなの、つけっぱなしにしてたんだから仕方がないよね?見られたくないならロックかけとけよ!!そんな事より、あんた、すごい事してるけど?結婚直後に色んな人とヤッテルじゃん?それに結婚前にもしてたよね??なんで動画を撮影してるの?あの動画は何の目的??自分で楽しむため??気持ち悪いんだけど!!!」

夫:「もう、仕方がないよ。もけけ(私)が酷かったんだから。そうなっても仕方がないようになってる。」

はぁぁぁ?私のせい??
またこの人は、私のせいにする。

私:「え?私が悪いの??何が酷いの???何もしてないけど?何したか教えてほしい。」

夫:「結婚してから、酷かったじゃん。ボク、色々怒られて、本当に嫌だった。」

私:「それは一緒に生活していく上で、こうしてほしいって何度もお願いしている事をアンタがしてくれなかったから、何回も言う事になったんだけど。何回お願いしても全然してくれないから私も腹が立つし、怒るよ?私のせいなの?」

夫:「そうだよ、あんなに色々言われたら、嫌になるよ。離婚しようかと思ったもん。」

私:「確かに色々言ったよ?けど、それは、アンタが一向に、私のお願いした事をしてくれなかったからじゃん。何回お願いしても全然してくれなかったよね?私は無視されてた気分だったけど??私だけが悪いのではなくアンタだって悪いよ?何度もお願いしても全然してくれないから、私だって、ものすごく悩んでたんよ?色んな方法でお願いしたよね、口頭で言ったり、紙に書いたり。」

夫:「そんなの、できないよ。しない!!」

私:「そんな難しい事お願いしてないけど?『濡れたタオルを洗濯物カゴに入れないで』とか、そんな事じゃん。何度言っても通じない、こっちの苦労だって分かってよ!!自分だけが苦しいんじゃないよ??それに、そんなに離婚を考える位、色々言われるのが嫌だったのなら、話し合いをすればいいじゃん?一つもそんな事言ってなかったじゃん。」

夫:「そんな事言えないよ。」

「言えないよ」を連呼する夫。お前はヒロミ郷か。

私:「え?なんで言えないの?嫌な事とかあるのなら話し合って解決するしかないと思うんだけど。」

夫:「言わないよ。」

私:「いつも何も言わないし、何を考えているのか分からない!!!ちゃんと自分の気持ちを話してよ!!いつも黙ってるから分からない!!それに、私に嫌な事されたからって、他の人に逃げるってのはおかしいだろ。どこの人か知らないけど、あんな事して動画まで撮って。頭おかしいよ??アナタ、結婚してるんよ?どうなってるの?あのおねーさんと付き合ってるの??結婚してる自覚あるの??」

夫:「もうー、いい。いい。」

口論が面倒臭くなってきた夫。
仕切りに、話を打ち切ろうと、「もういい」を繰り返し始めました。

夫:「もう、いいって。付き合ってないって。」

私:「何がもういい?全然良くない!!!ちゃんと話してよ!!!離婚した方がいいの?」

夫:「皆やってるって。」

私:「は?やってるって、結婚してても、皆色んなオネーチャンとヤッテルの?」

夫:「うん。皆やってる。もけけ(私)が知らないだけだ。」

ここにきて夫が、「皆女遊びしてる」と壮大な開き直りをし始めました。

え、日本ってそんな浮気大国なん??
そこら中の人、皆愛妻家に見えるけど、ご近所さんも職場の人もみーんな浮気ばっかしてるん??
皆女遊びしてるん??

 

んなワケねーだろ。
アホなん?

いや、ほんと。アホだろ。

皆女遊びして、ヤッテル最中の動画撮ってるの??
そんなユートピアがあるんですか??

ある訳ない。

私:「皆やってないよ!!!そんなの聞いた事ない。だったら、結婚なんかせずに、オネーチャンと好き放題やればいいんじゃないん?なんで結婚した?」

夫:「もけけ(私)が、こんなになるとは思わなかったもん。怒りすぎやもん。」

私:「え?浮気は私のせいなの?私が悪いん?」

夫:「そうだよ。」


えぇぇぇぇぇーーーー。

へいへい。私が悪ぅございました???なの???

 

ちーがーうーだろぉぉぉーーー!!!
責任転嫁もいい加減にしろよー!!!

アホ面の悲劇のヒロインオジサンがここに現れたのでした。
いやいや、こっちが悲劇のヒロインオバサンなんですけど…。



浮気の本当の理由はただやりたかっただけに違いない

夫によると、結婚してからというもの、私から怒られる事が多く、辛かったとの事。
だから浮気したとの事。

じゃぁ、私が夫に怒った事がどんな事か?と言うと。

・濡れたタオルを洗濯物カゴに入れないでほしい
・服を脱ぎっぱなし、置きっぱなしにしないでほしい
・料理を食べる前から調味料を異常にかけまくるので、味を確かめてからかけてほしい
・「太った?」と言わないでほしい
・話す人がいないからもっと話してほしいし、話を聞いてほしい
・愚痴を言ったら少しは同情してほしい

・・・。こんな事でしょうか。
書くのも恥ずかしい位、どーでもいい事なんですけど。

これらが、そんなに夫のストレスになる程の事でしょうか。
服を色んな所に脱ぎ散らかされ、それを片付ける私の方がストレスたまるんですけど。

後々分かった、というか、お医者さんに診察してもらった訳ではないので確かではありませんが。
夫は少し、発達障害があるような感じです。
だから、私が何度お願いしても一向に出来ないし、してくれない。
それに、食についてもかなりの偏食ぶり(義母もかなりの偏食家)で、調味料をドバドバとかけるのですが、これも発達障害のせいかもしれません。

今は、夫が色々できないのは発達障害のせいだと理由をつけて、自分を納得させているので、なんとか私も我慢できていますが、この当時、なぜ夫はこんなに色々出来ないのか、不思議でなりませんでした。

にしても、
私から怒られる事が多く、辛かった⇒だから浮気。ってのは、ナイですね。
言い訳としても弱い。

ただただ、夫は他の女性とやりたかっただけ。

それだけです。

なのに、それを私のせいにしようとする夫。
せこすぎるし、呆れるし、腹が立つ。

このように言い訳し、私のせいにする位なら、さっさと、他の女性とやりたかったからやったと言われた方が、まだマシ。

他人のせいにしてんじゃねーよ!!!

どこまでも開き直る夫

浮気が私のせいだと言い放った夫。

夫:「ボク、他人のパソコン勝手に見る人とはもう無理よ。」

はぁ。
また、私がパソコンを勝手に見た罪を追及するのですか。

私:「おかしな行動してるから調査されても仕方ないんじゃない?そりゃ、見られるよ。」

夫:「もう、やめてほしい。」

はぁ。
それ、こっちのセリフな。

てか私、何の話してましたっけ??

今、アナタが他の女性とヤッてた罪について話したいんですけど。
あと、「ごめんなさい」って言ってくれてもいいんですけど?


ごーめーんーなーさーいー、は??? 

夫から謝罪の言葉を聞く事はありませんでした。

悪い事をしているのに、責任転嫁し、開き直って、自分は悪くないと。

こんなドクズ、この世にいたんだ…。

ビックリ。

夫がこんな人だったなんて。

私の人間不信は加速するばかりでした。



話し合いにもならず…

結局、この時の話し合いはただただ責任転嫁され、何にもならず、私がモヤモヤしただけでした。

私:「もう離婚した方がいいのかな?」

夫:「お任せします。」

え??なんなん?
ここはレストランなん?肉の焼き加減の事を聞いているんじゃないよ?
離婚するかどうか、どっちでもいいの??

私達、新婚ですよね?
そんなに私の事嫌いなんですか…。

私:「お任せするって、どうでもいいの???」
夫:「もう仕方がないもん。」
私:「アンタの気持ちはないの?」
夫:「もう仕方ないやん。」

…「仕方がない」って言葉で全てを終わらせないでほしい。
ここまで来ても夫は自分の気持ちを話してくれず、結局どうしたいのか全く分からず。

面倒臭くなってきた夫。とにかく話を終わらせたい夫。
そんな夫を見て、ますます怒りが止まりませんでした。

どういうつもり???
私がどれだけ傷付いたか分かってる??

悲しいかな、こういう時は全然涙が出ず。

なんでこの人と結婚したんだろう、私。

怒り疲れた私、これ以上話しても無駄なので、寝る事に。

私:「もうどうしたらいいのか分からない。今日から別々の部屋で寝てほしい。」

夫:「はいはい、どうぞー。」

キー―――っっ!!!
「はい」は一回でいいだろ!!!
最後の最後までムカつくーーー!!!!

という事で、不毛な話し合いが終わった時には、すっかり明け方になっていました。

これからどうする?眠れない夜。

その後、寝ようと思っても眠れない。

目がギンギンやー。

さっきまで怒りで満ち溢れていたけど、いざ一人になると、急に涙が出てきて止まりませんでした。

私の人生、全部失敗だ。
なんであの人と結婚したんだろう。

全てを忘れたいから、眠りたいのに、こういう時に限って、これまでの人生を振り返り、走馬灯のように悪い事ばかりを思い出し、余計辛くなり、眠れませんでした。

私の人生、メチャクチャだ…。
この世から消えてなくなりたい。

この先どうなるのだろう…。
どうしよう、自分。正解が分からない。

絶望の中、一人。
どうすればいいのか分からないまま、その日もいつもと同じように朝が来たのでした。

何があっても地球はただただ回っているんだなぁ…。
いやいや、何の話??

次回へ続きます。

スポンサーリンク
おすすめの記事