スポンサーリンク

振り返れば、これが一番の失敗だった…。

オバチャンです。

前回、浮気の相談をしてはならない人達に相談して、惨め100%になっていたオバチャン。
関連記事はこちら☞【浮気本編⑥】間違えた!!浮気の相談をしてはいけない人達

しかし、これはまだ序の口でした。


オバチャンは、夫の浮気発見後、比較的早い段階で、ある人に相談しました。

あー、これが間違いだった…。

人生最大の間違い。

この人に相談した事で…。
気付いていない所で、新たな闘いのスタートが切られている事に、私は気付いていませんでした。

あー、恐ろしやー。

では早速、行ってみましょう~!

で、誰に相談したのか?

皆さん、うっすら勘付いていらっしゃるかもしれませんが、私が相談した相手は…。

そう。

義母。

アホかーっ、私!!!
やっちまってるーっっ!!!
間違いすぎだろ!!!

って今なら分かるんですが、その当時は必死。

というか、その当時、相談できる相手が、義母しかいなかったのです。

なぜなら、
友達には恥ずかしくて言えない。
両親には申し訳なくて言えない。
会社の元同僚にも恥ずかしくて言えない。
カウンセラーはお金がかかるし利用できない。

ほら。
消去法で、義母しかいない…。

義父はそもそも話しにくい人なので、話した所で、逆に私が怒られそうな気がしたのでやめておきました。
思えば、これも私なりの第六感だったのかもしれません。

この第六感の理由は後でわかります。

あと、相談相手に義母を選んだ、明確な目的が私にはありました。

結婚前から、私は義両親から「子供はまだか?」と言われ続けていました。
夫とはそのような行為すらないのに、「子供はまだか?」と。
地獄絵図でしかない。
そのような行為すらないのに、どのように子供を作るんでしょうか??
コウノトリが運んできてくれるのでしょうか??
毎回義両親に会う度に言われ、本当に不快でしかありませんでした。

そう、孫ハラスメント

しかも、義両親にそのように言われて、私が嫌な思いをしているのを知っておきながら、夫は無視。
この地獄絵図が嫌で嫌で…。

しかし、夫の浮気が露わになった今。


子供ができない理由を堂々と義母に言える!!!

子供なんてできるわけないですよね!
お宅の息子さん、浮気してるんですよ?
他のオネーチャンとやりまくってるんですから!!
オネーチャンとなら子供ができるかもしれませんけど。
ちなみにオネーチャンと記念撮影までしてますし。

だから、あなた達、私に孫催促なんかしてはいけませんよね??

…って堂々と言える!!

と、この時は思っていました。
これが、私が相談相手に義母を選んだ目的でした。

もちろん、義母にとっては。
息子がかわいいだろうから、浮気の事を言った所で、私のせいにされるかも、という危惧もありました。

あと、自分の息子がそんな気持ち悪い浮気をしていたと知ったら、さぞかしショックだろうから、言わない方がいいのかも、とも思いました。

はぁー、いい人ぶってるわー、私。

けど。

義母に何も伝えなかったら、孫催促がこの先更にヒートアップしていくのは確実。
夫に浮気されるわ、義両親から孫催促されるわ、の踏んだり蹴ったりはもう御免!!

義母が傷付こうが、どうでもいい。だって私の夫が浮気していたのは真実なんだから。
私なんか、もっともっともっともっと傷付いてるっつーの!!!

・・・とはいえ、義母を巻き込んでいいものだろうか。

そう、浮気は夫婦の問題。
義母は関係ない。

私は常々、義両親は別世帯の人間だから関係ないし、関わってほしくないと思っている。
なのに今、関わらせようとしている。
我ながら矛盾じゃん…。
こういう時だけ関わらせようとするなんて、都合が良すぎでは?

…とも、一瞬思ったのですが。

わしゃ、真面目か!!
もーう無理!!

もうえーやろ!!
義両親はガンガン孫催促してきて、土足でズカズカ踏み込んできているし。

…と悪魔のささやき。

えーいっっっ!!!
今後、もう二度と孫催促をさせない為にも、言う!!!

という事で、私は鼻息荒く、義母を呼び出したのでした。



義母から出た衝撃事実…

さて、義母と面会。

※○○さん→私の夫、もけけ→私

義母:「で、何の話?」
もけけ:「あのー、非常に言いにくいんですけど、○○さんが浮気しているのを発見してしまって。」
義母:「えええええええー?何ですのん!?あの子が?何かの間違いじゃないの??」

いやいや、間違ってねーし。
何ですのん!?ってこっちのセリフですけど。

義母:「あの子がそんな事を!?てっきり、妊娠の報告かと思うてましてん。」

は?
仮に妊娠だとしても、あなたをわざわざ呼び出して報告しませんけど…。


もけけ:「すみません、悪い報告で…。」

義母:「はぁー・・・(ため息)」

いや、こっちがため息だけど。

もけけ:「出会い系サイトで出会った人達とそういう行為をして、その全行為を撮影してて、それをこの間発見してしまって。」
義母:「えっ!!!そんな事してまんのっっ!?」
もけけ:「はぁ。(撮影された動画が)何本も。」
義母:「はぁー・・・。呆れる…。」

やはり、息子が浮気していた事もショックだったけど、一番のショックは、息子がエロ系出会い系サイトを利用し、動画の撮影までしていた事のようでした。

そう、私の夫はそんな事しそうにない、大人しい真面目そうな人。
義母もそう思っていたのでしょう。

そんな奴が行為の動画まで撮っちゃってる…。
そりゃ、万人が気持ち悪いと思うわなー。

暫く義母はショックと呆れで、ため息をついていました。

しかし、その後発せられた言葉に、私も衝撃を受けてしまいました。

義母:「実は…。これは言わないでおこうと思ってたんやけど。」
もけけ:「はい?」

義母:「あのね、うちのお父さんも浮気してるんです…。」

は?

はぁ??
はぁぁぁぁぁ????
はぁぁぁぁぁぁぁ!!!
ハーワーユー??(HOW ARE YOU??)

今なんつった?
耳がおかしいかも。英語?
で、いっつも方言丸出しなのに、なぜこの時だけ丁寧語??

すみませんけど、今、私の夫が浮気した話をしているんですよね?


え?


お宅の旦那さんも浮気してまんの??


ゲェー・・・!!!!

義父、キモーっっっ!!!!

キモイキモイキモイキモイキモイ!!!!!

おいおい、あのハゲ、裏で何やっとんねん、おらぁーっっっ!!!

ちょっと待って。
あの年齢でまだ浮気してるん??
もう枯れはててそうですけど、何もかも。

元気ですなー…。
いやいやいやいや、あー、キッモー!!!!

義母:「ずーっと色んな人と浮気してんねん。今の人とも長いねん。」

どうやら、義父の浮気は、恋愛感情の入ったやつ。

義母:「仕事の合間にデートしたり…。ボーリング行ったり、ホテル行ったり、色々してんねん。」


え?ホテルで何を?
…、いや、聞きたくもない。


いやいやいやいや、仕事せーよ!!!

色々って何よ?
あのオンボロ軽トラでラブホ??
ゲー、本格的にキモイ。

オンボロ軽トラでラブホ…。人生エンジョイしすぎだろ…。

私に偉そうに、孫まだか、病院行け!とまで言っていたあのハゲ。
大型連休は必ず義実家に宿泊するよう強要してきたあのハゲ。
あんな奴に偉そうに言われていた事が許せない!!!!

あれ? 私、今。
私の夫の浮気の相談してましたよね??

いつの間にか義父の浮気の相談をされている…。

何やこれ。
ムカついてきたーーーー!!!!!



けど、義母の話にはまだ続きがありました…。

義母:「あのね、実は□□さん(義祖父)もずっと浮気してたんです。」




は?
はぁぁぁ??
ハーワーユー??(HOW ARE YOU??)



なぜまた、丁寧語?
丁寧語で話せば許されるとでも思っている?




あのハゲ(義父)の父(これまたハゲてる)も浮気三昧?
そしてハゲ(義父)の息子も浮気三昧?


なんかの伝統なん?
先祖代々の大切な浮気作法を、皆忠実に受け継いでるん?


いやぁ。伝統を引き継いで、感心ですな。



・・・じゃなくて!!!


義祖父の浮気も相当気持ち悪いんですけど!!!!


どうなってるんよ、この一家。

浮気一家??
酷すぎる。

はーぁ。とんでもない一家と関わり合いになってしまった…。

やはり、私の夫の浮気相談を義父にしなくてよかった、と思いました。
だって、義父本人も浮気しているんですから。
先祖代々浮気しているんだから。
浮気している人に浮気の相談っておかしいし…、ギャグじゃん。

私の第六感が当たったのでした。




夫の浮気より、義父の浮気に衝撃しかない…

その後、義母から、義父のこれまでの浮気の話をされました。

義父は見た感じ、偉そうにしているし、浮気とかそういう不浄な事は一切許さないタイプの厳格な人かと思っていました。

見た感じ、「愛しているのはお母さんだけや!」とか言ってそうな感じ。

いやいや、何がよ…。
不浄だらけじゃん。

義父は女を絶やしたことがないらしく、義母という存在がありながら、ずーっと他の女と付き合っているらしい。義祖父もそんな感じ。


え?モテモテなん?
きっも。

 

キモイしか出てこない。


いや、ごめん。その付き合う女もどうよ?

よくあのハゲと付き合うよなぁ…。
私ならお金もらっても無理だけど。

ていうか。
なぜ今、義父の浮気の話をする?

今、私の夫の浮気話をしていたのに、義母はなぜ…。
もし、義父の浮気話をしたいのならば、別の日でもよくない??
私の夫の浮気話が落ち着いた頃でよくない?
もしくは、私には義父の浮気話はするべきではないような気がするけど。

だって、私は今、夫の浮気のショックでいっぱいなのだから。
これ以上キモイ話はもう受け付けられない。

しかし、義母は私に義父の浮気話を全て話しました。
ま、この辺が空気読めない義母なんですよね、今思えば。

多分、義母からすれば、「よっしゃー!!仲間ができたぁーっ!!」と思ったのだろう。
そう、夫の浮気に立ち向かう同志ができたとでも思ったのだろう。
少し、嬉しかったのでは。

はぁー、何か嫌になる。
義母に仲間認定されたのも嫌だし、一緒に頑張りたくもない。

こんなに浮気ばっかりしている一家を、それまで私は見たことがありませんでした。
私の両親はとても仲良しですし、親戚家族も、浮気の「う」の字もない感じでした。

こんなに浮気ばっかりしている一家、見た事があるとすれば、ドラマの中で、だけ。

あー、なんて汚らわしい一家。
嫌悪感しかない。
仮面夫婦も甚だしい。

嫌悪感10000%!!!!

ただただ、この不浄だらけな一家と縁を切りたい、そう思いました。



浮気話は浮気話で相殺?いや、ただただ気持ち悪いだけ。

で、結局、お互いの夫の浮気話をして、その日は解散しました。
この辛い時期に、時間を割いて話を聞いてくれた義母には感謝しています。

が、後々、この感謝の気持ちもなくなるような事を、義母から言われるのでした。
これについては、おいおい出てきますのでお楽しみに…。

義母との面会が終わり、これで、義母が孫催促してくることはなくなるだろう。
義母もずっと義父に浮気されているんだから、私の気持ちも分かってもらえただろう。

そう思っていました、この時は。
アホですな、私。

しかし、その日に残った感情は、と言えば。
ただただ気持ち悪い!!!義父&義祖父が。

いやいや、私の夫の浮気も相当気持ち悪いんですけどね。


私の夫の浮気話を相殺してくれるかのような義父&義祖父の浮気話でした。

いやいや、こんな相殺、いらんて。

相当な気持ち悪さを抱えながら、この先どうしようと、途方に暮れながら家に帰りました。

次回に続きます。

スポンサーリンク
おすすめの記事